シャネル(CHANEL)自立した女性のためのエレガンスなファッションブランド


シャネル(CHANEL)自立した女性のためのエレガンスなファッションブランド

スポンサーリンク

シャネル(CHANEL)の創業年月日、本社所在地、創業者

創業年月日

1909

本社所在地

フランス・パリ

創業者

ココ・シャネル(Gabrielle ChanelCoco Chanel)

シャネル(CHANEL)の創業から沿革

1909年、ココ・シャネルはパリ17区に当時交際していた将校のエティエンヌ・バルサンの援助によりフランス・パリに女性用の帽子のアトリエをオープンします。

1910年、ココ・シャネルはパリ1区に「シャネル・モード」という店名で帽子専門店をオープンします。このとき付き合っていた青年実業家アーサー・カペルの援助によるものでした。

1913年、ドーヴィルにブティックをオープンします。

1915年、ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープンします。

1916年、第1回シャネルオートクチュールコレクションを発表します。快適で手頃な価格だったジャージ素材のドレスが話題になり大成功します。

コルセットに基づいた魅力的で機能的なシルエットをデザインに反映させてオートクチュールとプレタポルテに革命をもたらしました。

1920年代、それまでの砂時計型とは反対の「フラット・チェスト」のファッションが人気になります。カラーも伝統的に男性的な灰色や紺色を使用しました。

素材はキルティングで革のトリミングを特徴としています。

綿のシャネルスーツや黒の刺繍と金色のボタンのカーディガンスタイルのジャケットが有名です。

アクセサリーは真珠のネックレス、革のハンドバックが定番でした。

また、ココ・シャネルのモノグラム、CCモノグラムを考案します。

1921年、5月5日にシャネル初の香水である「No.5」を発表します。

1921年、55日にシャネル初の香水である「No.5」を発表します。この名前は試作品番号から取った名称です。調香師エルネスト・ボーにより生み出されました。

その後、「No.22」も発表されます。

1924年に、ココ・シャネルはヴェルテメーレ兄弟と契約を結び、「パルファム・シャネル」を設立します。

シャネル「No.5」の生産、マーケティング、流通など資金調達の全てを引き渡し、株の10%を残しただけでココシャネル自身は経営から手を引きます。

1939年、第二次世界大戦の勃発とともに労働者との関係がうまくいかなくなったシャネルは香水とアクセサリーのブティック以外の全店舗を閉鎖します。

1954年、閉鎖していた店舗が復活、オートクチュールコレクションも再開します。

1970年、香水「No.19」を発表します。

1971年、住居としていた、ホテル・リッツでシャネルが死去し、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任します。シャネルのスタイルそのままに新しいデザインを取り入れたデザインが展開されます。ツイードやゴールド、チェーンなどの素材やパーツを取り入れました。

1980年代、40以上のブティックが世界中でオープンしました。化粧品や香水はシャネルの店舗のみの販売となっています。

1987年、時計メーカーと契約した最初のシャネルの時計がデビューしました。

1994年、シャネルは6700万ユーロの純利益を生み出し、フランスで最も収益性の高いブランドとなりました。

1996年、サングラスと眼鏡のフレームのブランドラインを展開しました。

1997年、装飾やボタン、羽や刺繍などの製造にかかわる職人のための会社を設立します。

2002年、アメリカでの人気に乗じてブティックを25店舗出店します。

世界中でシャネルは約310店舗のブティックを運営しています。

世界中でシャネルは約310店舗のブティックを運営しています。

創業者ココ・シャネルの生い立ち

1883年、フランスの慈善病院で誕生します。12歳の時に母親が結核により死亡し、父親に捨てられ、孤児院や修道院で育ちながら厳格な環境のもと、裁縫を教えられました。

その後18歳で修道院を出て、お針子をしながらキャバレー(ムーランズのパビリオン「ラ・ロトンド」)で歌を歌っていました。そのときの歌「Ko Ko Ri Ko(コケコッコウ)」、「Qui qu’a vu Coco dans le Trocadero(トロカデロでココを見たのはだれ)」からとった自らの愛称が「ココ」でした。

歌手を目指していたもののオーディションに落ちてばかりだったため、当時付き合っていた将校のエティエンヌ・バルサンの援助によりフランス・パリに女性用の帽子店をオープンします。退屈しのぎで作っていた帽子のデザインが認められたからでした。

1909年、1910年にパリに帽子のアトリエ、1913年、1915年にブティックをオープン、1916年にはコレクションを発表して大成功をおさめます。

1920年代、劇作家のジャン・コクトー、画家のパブロ・ピカソ、マリー・ローランサンとサロンで交流していましたが、マリー・ローランサンに描いてもらったが気に入らず返品した肖像画がパリのオランジュリー美術館に展示されています。

1924年、10%の株式を手元に残して経営権をヴェルテメーレ兄弟に譲ります。

1940年以降、アドルフ・ヒトラー率いるドイツがフランスを占領するとナチス親衛隊と親しくなり、男爵の愛人となることで裕福な暮らしと恩恵を受けて暮らしました。

1941年、シャネルの経営権を譲り渡したヴェルテメーレ兄弟がユダヤ人だったことから、当時ナチスが行っていたナチスのユダヤ人からの財産没収に便乗して自らもシャネルの経営権を取り戻そうと画策するも、事前に察知していたヴェルテメーレ兄弟がフランス人のフェリックス・アミオに移譲していたことで計画は失敗に終わります。

また、ココシャネルは反ユダヤ主義者でもあり、ドイツの諜報活動機関、アプヴェーアからコードネームを与えられた工作員でもありました。

1944年、フランス軍と連合軍から裏切り者としてココシャネルは逮捕されます。

その後、イギリス首相のチャーチルにより釈放されてスイスで亡命生活を送ります。

1947年、ヴェルテメーレ兄弟との訴訟によりシャネル「No.5」の戦時中の利益や将来における「No.5」の売り上げ2パーセントを保証されました。

これにより、ココ・シャネルの収入は年間2,500万ドルとされ世界で最も豊かな女性の一人になりました。

1954年、スイスから戻ったココ・シャネルはパリのホテルリッツに住むようになりました。

1955年に、ブレードの縁取りがあるウールのスーツであるシャネルスーツを発表します。ヨーロッパではナチスに味方していたココ・シャネルへの嫌悪感が強かったものの、アメリカでは大成功します。

マリリン・モンローがシャネル「No.5」を愛用していたのは有名な話です。

晩年は孤独による不安や恐怖症と不眠症により11本のモルヒネ注射をしていました。

1971年、ココ・シャネルは87歳で逝去します。ホテルリッツでコレクションの準備をしていました。

ココ・シャネルの死後はフランスやヨーロッパ各地での高級墓地への埋葬が拒否され、亡命生活をしていたスイスのローザンヌにある「ボア・デュ・ヴォー」(セクション9No.130)に埋葬されました。

遺言により墓石のまわりには白い花が咲き乱れています。

ココシャネルの女性服に対する考え方

ココ・シャネルが育った1910年代はコルセットによりウエストは細く、胸は大きく強調されるスタイルが主流でしたが、そんな窮屈な服装に疑問を感じていました。

そんな思いから、イギリスの紳士服のスーツの素材やデザインを女性の服にも応用して、シンプルでアールデコなデザインであるシャネルスーツを考案しました。

それにより、コルセットの制約から女性を解放した伝説的なデザイナーとされています。

ココ・シャネルは女性の自立を強く感じており、コレクションでは女性服にポケットを作り、モデルにポケットに手を入れる仕草をして歩かせました。それは男性のような仕草で当時の女性としては斬新なスタイルでした。

それまで下着などに使用されてきたジャージ素材をハイブランドに取り入れるという試みも当時としては画期的なことでした。ウールジャージによる旅行用のスーツは、ジャケットとプリーツスカートからコーディネートされ、ローベルトのプルオーバートップとペアになっています。カジュアルで高価な服として実用的で大人気となりました。

ハンドバッグは手で持ち運ぶものでしたが、金色のチェーンもしくは金属と革のチェーンが装着された、肩にかけても使用できるハンドバッグを考案しました。キルティングレザーにCCのロゴがロックの部分に組み込まれています。

また、ココ・シャネルはとても痩せていたので、シャネルの服を着るココ・シャネルがきっかけとなり、モデルは痩せているほうが美しいという固定観念が始まったとされています。

シャネルのツイードのスーツとスカートはジャケットは柔らかくて軽いウールやモヘア素材が使用され、ジャケットにはライニングが施されていました。

ジャージやシルクのブラウスとコーディネートされています。

ジャケットには胸の部分にダーツがなく、胸のラインは強調されていません。肩パッドも使用されていませんでした。

ネックラインは襟がなく自由に装飾ができるように、さらにポケットが施されました。

スカートにはベルトを使用せず、グログランが取り付けられていました。

さらに様々な環境で快適に動けるようにモデルに着用してもらい階段の上り下りやスポーツカーに乗ってもらって繰り返し調整を行いました。

シャネルの広告でのキャラクター、ミューズ(女神)について

シャネルの広告でのキャラクター、ミューズ(女神)について

・商品ごとのイメージモデル

バッグのマドモアゼルには、ブレイク・ライブリー、香水のココ・マドモアゼルにはキーラ・ナイトレイ、ルージュ・ココにはヴァネッサ・パラディが起用されています。

・シャネルのブランド自体のイメージモデル、ミューズ(女神)

1980年代、イネスド・ラフレサンジュ

1990年代、クラウディア・シファー

2000年代、アンジェラ・リンドヴァル、ダリア・ウェーボウィ、フレジャ・ベハ

・2016年・2017年、小松菜奈

日本でのシャネル(CHANEL)の展開

1994年、東京・銀座にシャネル・ブティック本店がオープンします。

1996年、大阪・心斎橋店がオープンします。

2001年、東京・表参道店がオープンします。

2004年、東京・銀座3丁目に銀座シャネルビルがオープンします。

スポンサーリンク

まとめ

・ココシャネルは孤児院に引き取られ裁縫を学び帽子のデザインから成功が始まる

・シャネル初のコレクションでジャージ素材のドレスを発表し革命をもたらす

・シャネル「N0.5」は世界的にも歴史的にも有名なフレグランス

・女性をコルセットから解放し実用的なスーツの着用をうながした

・シャネルスーツは自立した女性のあらゆるシーンでの実用的なスーツを実現

・ハンドバッグに金属と革のチェーンをつけた実用的なデザイン

・ブランドイメージのモデル=ミューズ(女神)は毎年大きな話題に