クリスチャン・ディオール(Christian Dior)美しくエレガンスで女性らしいシルエットのオートクチュールブランド


クリスチャン・ディオール(Christian Dior)美しくエレガンスで女性らしいシルエットのオートクチュールブランド

スポンサーリンク

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)の創業年月日と創業者

創業年月日

1946年

創業者

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)美しくエレガンスで女性らしいシルエットのオートクチュールブランド

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)の創業から沿革

1946年、繊維業や競走馬生産で財を成したのマルセル・ブサック(Marcel Boussac)の援助のもとでクリスチャン・ディオールは創業します。

1947年から毎シーズンごとに新しいオートクチュール・コレクションをラインというテーマに沿って開催しています。

1947年初のフレグランス「ミスディオール」を発売します。

1947年~1957年、コレクションの発表による女性らしいしタイルの「ニュールック」は女性の服飾に革命をもたらし、パリのオートクチュール界の頂点に君臨します。

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)逝去後

1957年、クリスチャン・ディオール逝去後、イヴ・サン・ローランが21歳の若さで主任デザイナーに就任します。

1960年、イヴ・サン・ローランが兵役に就いたため主任デザイナーにマルク・ボアンが就任します。

1989年、主任デザイナーにジャン・フランコ・フェレが就任します。

1996年、主任デザイナーにジョン・ガリアーノが就任します。

2001年、ディオール・オムの主任デザイナーにエディ・スリマンが就任します。

2011年、人種差別的発言(ナチス賛美)を行ったとしてジョン・ガリアーノが解雇されます。

2012年、主任デザイナーにラフ・シモンズが就任します。

2016年、ヴァレンチノのクリエイティブ・ディレクターだったマリア・グラツィア・キウリが就任します。

2017年、LVMHの傘下になります。

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)美しくエレガンスで女性らしいシルエットのオートクチュールブランド

クリスチャン・ディオール(Christian Dior)の交友関係

1905年にフランスのノルマンディー地方のグランヴィルで生まれ育ったクリスチャン・ディオールは、この生まれ育った場所への特別なこだわりがあったことを述べています。

住んでいた家は「リュンプの家」と称される美しい家で小石を埋め込んだピンクとグレーの外壁でした。この色彩は、その後のデザインや、クリスチャン・ディオールを象徴するカラーとなっています。

また、その庭も広大でガーデニングのために様々な木の種類を覚え、花や昆虫、動物に触れることで、デザイン性が豊かになっていきます。

成長して不本意であったが両親の希望通り政治学院に入学したが、芸術関係の友人が多く、サルバドール・ダリやジョアン・ミロなどの芸術家などとの交流関係を続け、彼らが集まるバーレストランの2階に居候して自由奔放な生活を送っていました。

そのころ、クリスチャン・ディオールのファッションデザイナーとしての才能を認めたのが世界的に有名なクチュールデザイナーのロベール・ピゲ(Robert Piguet)でした。

彼のもとで働き始め、やがては繊維業や競走馬生産で財を成したのマルセル・ブサックに見いだされ、創業することになります。

▼おすすめ古着通販についてまとめました▼

スポンサーリンク

まとめ

・生まれ育った環境での自然や花や昆虫、動物からデザインのイメージを得ていた。
・若いころにサルバドールダリやジョアンミロと交友関係があった
・有名なクチュールデザイナーのロベールピゲのもとで働く
・莫大な財を成したマルセルブサックの援助のもとで創業
・創業者の死後は、イヴサンローラン、ジャンフランコフェレ、ジョンガリアーノなど主任デザイナーとして歴任