コーチ(COACH) 実用的でデザイン性の高い商品が日本の女性に大人気のブランド


コーチ(COACH) 実用的でデザイン性の高い商品が日本の女性に大人気のブランド

スポンサーリンク

コーチ(COACH)の創業年月日、本社所在地、創業者

創業年月日

1941年、アメリカ合衆国 ニューヨーク州 マンハッタンで創業

本社所在地

アメリカ合衆国 ニューヨーク州

創業者

1941年にLillian、Miles Cahnの二人が家族経営のワークショップとして創業

コーチ(COACH) 実用的でデザイン性の高い商品が日本の女性に大人気のブランド

コーチ(COACH)の創業から沿革

1941年に創業されたのち、当初は野球グラブの生産に使用された革による鞄を製作して販売していた中小企業でした。そのころのメインの購買者は比較的高齢の男性でしたが、女性が使用する牛革のバッグを製作するようになりました

1985年、サラ・リー社が買収してからは、鞄や財布などの皮革製品を生産するメーカーが、世界的で大規模な総合ファッション企業へと路線を変更して成功しました。また、生産をドミニカ共和国や中国での生産に切り替えました。

1996年、クリエィティブ・ディレクターにリード・クラッコフ(Reed Krakoff)が就任しました。


1999年~2001年、トヨタ自動車のレクサス・ブランドで、コーチの皮革をないそうにした乗用車が限定販売されました。トヨタでは、ウィンダム、アバロンに同様のシリーズがあります。

2001年にはキャンパス時にコーチ(COACH)のCのロゴを配置したシグネチャーラインを発表しました。

2005年、日本のコーチ・ジャパンはアメリカのコーチ社の100%子会社となりました。
現在(2018年)のコーチの社長兼最高経営責任者(CEO)は、ジョシュア・シュルマン(Joshua Schulman)、エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターは、Stuart Veversです

コーチ(COACH) 実用的でデザイン性の高い商品が日本の女性に大人気のブランド

ジョシュア・シュルマン(Joshua Schulman)について

CEOのジョシュア・シュルマンは、イギリスの高級靴・バッグメーカーのジミー・チュウ(Jimmy Choo)のCEO、高級百貨店のバーグドルフ・グッドマンで社長を歴任していました。

リードクラッコフ(Reed Krakoff)について

1964年にアメリカで生まれ、コネチカット州ウェストンで育ちました。ラルフ・ローレンやトミー・ヒルフィガーのクリエィティブ・ディレクターを経験したのち、コーチの商品のデザインだけでなく、広告や店舗デザインも手掛けました。

2010年には、自分のブランドである、リード・クラッコフ(Reed Krakoff)を立ち上げました。

2017年、ティファニーのチーフ・アーティスティック・オフィサーに就任しました。

コーチ(COACH) 実用的でデザイン性の高い商品が日本の女性に大人気のブランド

Stuart Veversについて

1973年、イギリスに生まれ、ウェストミンスター大学を卒業後、カルバン・クライン、ボッテガヴェネタ、 ジバンシー 、 ルイヴィトン、マーク・ジェイコブスでデザイナーの仕事をしていました。

2005年にコーチのクリエイティブ・ディレクターに就任し、コーチの成功に貢献したのち、ロエベのクリエイティブ・ディレクター、エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターに就任しました。

コーチ(COACH) の古着はこちらから

▼おすすめ古着通販についてまとめました▼

スポンサーリンク

まとめ

・コーチの創業当時は年配の男性向けの鞄を製作していた

・会社による買収により世界規模のメーカーに成長

・CEOやデザイナーは数々の有名メーカーの経験者が歴任