ディッキーズ(Dickies)アメリカ陸軍の制服から労働者の実用的なワークパンツに転換しラッパーやアーティスト、スケーターから愛されるブランド


ディッキーズ(Dickies)アメリカ陸軍の制服から労働者の実用的なワークパンツに転換しラッパーやアーティスト、スケーターから愛されるブランド

スポンサーリンク

ディッキーズ(Dickies)の創業年月日、本社所在地、創業者

創業年月日

1918

本社所在地

アメリカ合衆国 テキサス州

創業者

C.N.ウィリアムソン(C.N.Williamson)

E.E.ディッキー(EE “Colonel” Dickie)

ディッキーズ(Dickies)の創業から沿革

C.N.ウィリアムソンとE.E.ディッキーは車両とハーネスの事業でビジネスを始めました。

1918年、US Overall Companyという名称の会社を設立

1922年、C.N.ウィリアムソン(CN Williamson)氏が全株式を引き継ぎ、ウィリアムソン・ディッキー(Williamson-Dickie Manufacturing Company)を立ち上げました。

1940年代、ウィリアムソン・ディッキーは、第二次世界大戦中のアメリカ合衆国軍隊の制服の大量生産を行ったことから、民間生産に転換する際に、地理的拡大戦略として、アメリカ国内に新しい生産施設、倉庫、販売地域を設立しました。

1950年代、中東油田での作業服の生産により、Dickiesブランドを導入したヨーロッパ市場と中東市場に進出し、国際企業になりました。

2008年、ウィリアムソン・ディッキーは作業用品や屋外用機器のカナダの製造業者Kodiak Group Holdings Incを買収しました。

2014年、Jerry Leighはディッキーズガールジュニアのアパレル部門の独占ブランドとなります。

2017年、ウィリアムソン・ディッキーは820万ドルでVF Corporationに買収されます。

ディッキーズ(Dickies)の商品

ディッキーズ(Dickies)の商品

「874」

1950年代にアメリカで大人気となり、世界100ヶ国以上で販売されている世界一有名なワークパンツです。元々はアメリカ陸軍の制服用として誕生し、戦後にはテキサスの石油労働者向けのワークパンツとして生産されました。特徴としては以下の通りです。

・撥水効果があるため汚れが落ちやすく、汚れも付きにくい

・丈夫で破れにくく、型くずれしにくくアイロンが不要

1990年代にスケーターが愛用し、アーティストやハリウッド俳優も愛用するようになりました。

「WD874」

874を元にローライズで細身のシルエットにアレンジされたモデルでローライズストレートです。

「WD5882」

2013年から登場したスリムなシルエットのスタイルで、ふくらはぎから足首までが特に細くなってストレッチ素材を使用しているためスリムに見えます。

WD3876

874を元にローライズでかなりタイトなシルエットのモデルで膝から裾にかけて細くなっています。右フロントのベルトループにDカンが付いており、バックポケットはファスナー仕様です。

「WD5876」

874を元にローライズで股上が長めのジョッパーズシルエットで腰回りに余裕があり腿から裾が細い個性的なデザインで右フロントのベルトループにDカンが付いており、バックポケットは湾曲して左ポケットはボタン仕様で左ポケットにはボタン、右ポケット上部にはDickiesロゴが付いています。

WD791 RUSTY(ラスティ)」

ポリエステル65%、コットン35%のポリコットン(=TC素材※)の素材比率を逆転した素材で股上は浅すぎない深すぎない、ミドルライズのためいろいろなスタイルに対応します

他にも、KodiakブランドとTerra FootwearのライセンスをもつTerraの服と靴(安全靴とカジュアルシューズ)を販売しています。

ディッキーズ(Dickies)の商品の愛用者

874シリーズは、O-Dogと呼ばれており、特にヒップホップシーンで有名で、Easy-Eなどのウエストコーストラッパーやスヌープドッグやドレが着用しています。

また、DickiesロゴのTシャツは、フレッド・ダースト、サンドラ・ナシック、マックス・カヴァレラなど様々なミュージシャンの写真撮影や出演で着用されています。

ディッキーズ(Dickies)の特徴

ポリエステル65%、コットン35%のポリコットン(=TC素材※)の生地は独特なハリがある丈夫なTC素材のため、いろいろなアイテムに使用されています。

TC素材のTはポリエステル素材のテトロン(tetron)で、Cはコットン(cotton)素材です。

ディッキーズ(Dickies)の協賛やコラボレーション

ディッキーズ(Dickies)の協賛やコラボレーション

スケートチームを所有しており、スケートのライダーをサポートしており、ロンドンで活躍するピストバイクチームともコラボレーションしています。

ジャスティンティンバーレイク(Justin Timberlake)やアヴリルラヴィーン(Avril Lavigne)、ブラックアイドピース(Black Eyed Peas)、マドンナ(Madonna)などのステージ衣装や衣プロモーションビデオでの装を提供しています。

ブランドでは、ビームス、ナノユニバース、ベドウィン、ズッカ、ユナイテッドアローズ、X-LARGESTUSSY、ハローキティ、SNOOPY(スヌーピー)、ピンクパンサー、グレムリンなどとコラボレーションしています。

アーティストでは、グリーン・デイ、Hoobastank、イベントでは、AirJam2012とコラボレーションしています。

ディッキーズ(Dickies)の日本での展開

2011年に設立された日本法人は、ウィリアムソン・ディッキー・ジャパン・リミテッドです。

代表的なアイテムは、ワークパンツ、ショートパンツ、ワークシャツ、カバーオール、つなぎなどで、最も有名な製品は、1950年代にアメリカで大ヒットした型番 “874” ワークパンツです。

日本で人気なのはこの874を現代風にアレンジした型番“WD874”ローライズワークパンツ、野外フェスやライブでの定番42283セルフォンポケットワークショーツです。

また、日本での企画で独自の商品作りを展開しており、岡山県や広島県福山市の工場と連携しながら、素材から縫製など加工までを一貫して行う国内生産「匠」プロジェクトが開始されました。

ワークパンツだけでなく、メンズやレディースなどトータルコーディネートができすブランドとして品質や機能性が高いのにリーズナブルな製品作りを目指しています。

2012年、日本で初めてディッキーズのオンリーショップが吉祥寺に誕生しました。ブランド90周年を記念して原宿にイベントスペースがオープンしました。

2014年、新宿、下北沢に店舗がオープンしました。

ディッキーズ(Dickies)が展開する国々

サウジアラビア、南アフリカ、オーストラリア、ロシア、チリ、韓国、日本、台湾、アイスランド、カナダ、ドイツ、フランス、イタリア、アイルランド、クロアチア、ポーランド、メキシコ

スポンサーリンク

まとめ

・アメリカ陸軍の制服の生産から急成長、戦後は石油労働者向けのワークパンツの製作により生産が拡大

・陸軍の制服由来のワークパンツのデザインがアーティストから絶大な支持を受け、ラッパーやスケータの間でも大人気に

・日本では岡山県や広島県福山市のメーカーによる「匠」の技による品質の高さと繊細なデザインが人気に