ルコック(le coq Sportif)フランスの伝統的スポーツ用品メーカーの老舗ブランド、ツールドフランスやラグビー、サッカーで有名


ルコック(le coq Sportif)フランスの伝統的スポーツ用品メーカーの老舗ブランド、ツールドフランスやラグビー、サッカーで有名

スポンサーリンク

ルコック(le coq Sportif)の創業年月日、本社所在地、創業者

創業年月日

1882

本社所在地

フランス・エンツハイム

創業者

エミール・カミュ(Emile Camuset)

ルコック(le coq Sportif)の創業から沿革

1882年、フランスのAubeにあるロミリー・シュール・セーヌで靴下工場を設立しました。

1920年、イギリスの伝統的なアイテムにインスピレーションを得てスポーツ用品の生産に転換しました。。

1930年、フランスでのサッカー、 バスケットボール、ラグビー、陸上競技おける公式メーカーとなりました。

1948年、今では有名な雄鶏のロゴによるブランドの商品が販売されました。

1951年から1988年までツール・ド・フランスのリーダージャージを供給しました。

1951年、ツール・ド・フランスの競技用ジャージを、フランスのラファエル・ジェミニアーニ(RaphaelGeminiani)やスイスのヒューゴ ・コブレット(Hugo Koblet)向けに製作しました。他にもラグビーチームやバスケットボールチームのスポンサーとなりました。

1955年、テニス選手のダニエル・コンテット(Daniel Contet)のスポンサーとなりました。

1960年、従業員は137名となり巻いた。ローマオリンピック、1964年、東京オリンピックで選手のトラックスーツを製作し公式メーカーとなりました。

1966年、ツールドフランスの競技用ジャージを、ルシアン・アイマール(Lucien Aimar)向けに製作しました。

1966年、ツールドフランスの競技用ジャージを、ルシアン・アイマール(Lucien Aimar)向けに製作しました。

1969年、従業員は500名となりました

1971年、UEFAチャンピオンズリーグで優勝したオランダのアヤックス・アムステルダム(Amsterdam sche Ajax Football Club)とのパートナーシップを結びました。

1976年、モントリオール・オリンピックでの公式メーカーとなりました。

1980年、公式スポンサーをしていたASモナコがフランスのサッカーカップで優勝しました。

1980年代、公式スポンサーをしていたフランスのラグビーチームがグランドスラムを勝ち取ります。

1982年、公式スポンサーをしていたASモナコがフランスのサッカーカップで優勝しました。パリ・サンジェルマン・フットボールクラブはクーペ・ド・フランスを獲得しました。

1983年、公式スポンサーをしていたテニス選手のヤニック・ノアが全仏オープン(ローラン・ギャロス)で優勝しました。数年後、彼はブランドのオーナーの一人となります。ツールドフランスのローランフィニョン(ローランフィニョン)、バーナード ・ヒノール(Bernard Hinault)の公式スポンサーをしています。

アルゼンチンのサッカーチームが2度目のワールドカップで優勝し、ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)がルコックのシャツを着てトロフィーをかかげ、世界中に注目されました。

1990年代、ツール・ド・フランスのリーダージャージの供給から一時撤退しました。スポーツ・ブランドの競争に直面して生産を縮小したことが主な原因で生産移転や閉鎖に追い込まれました。

1991年、デイビス・カップ(Coupe Davis en 1991)でフランスが優勝したときのスポンサーだったので注目されました。

2001年、テニス選手のジャスティン・エナン(Justine Henin)の公式スポンサーとなりました。

2012年、ツール・ド・フランスのリーダージャージの供給を開始しました。ルコックブランドの130周年記念による復活となりました。ロンドンオリンピックで2つの金メダルと1つの銀メダルを獲得したヤニック・アーゲル(Yannick Agnel)、テニス選手のリチャード・ガスケ(Richard Gasquet)のスポンサーとなりました。

ルコック(le coq Sportif)フランスの伝統的スポーツ用品メーカーの老舗ブランド、ツールドフランスやラグビー、サッカーで有名

 創業者エミール・カミュの経歴

スポーツウェアとして快適さと通気性を実現したスウェット・パンツの発案者です。コットンリブ、ブラシドフリース、ジャージーを導入した新しく独創的なデザインを考案しました。これは当時の服のデザインとはかけはなれたデザインで注目されました。

ルコック(le coq Sportif)の日本での展開

1981年に日本に進出し、アジア地域の好みに合わせてコレクションを調整、特定の製品では日本でのデザイナーを採用しています。

1990年、デサントがサラガン社(スイス)から日本を含む極東、東南アジア諸国におけるルコック・スポルティフの商標権を取得しました。

ルコック(le coq Sportif)のキャラクター

le coq」はフランス語で雄鶏を意味します。

ゴルフブランドでのキャラクターは、顔は鶏、体は人間の形をしたルコック4世「通称:ルコックくん」がいます。

ルコック社の4代目の御曹司を自称しており「Love Golf」が口ぐせでゴルフ店の一日店長、ゴルフ関連のイベントなどに出演しています。

スポンサーリンク

まとめ

・創業当時は靴下メーカーでスポーツ用品製造に転換

・フランスのサッカーやラグビー自転車などの競技の公式スポンサーに

・長期間にわたりツールドフランスのリーダージャージを供給

・ブランドキャラクターに顔は鶏で体は人間のルコック4世がいる