モンクレール(Moncler)アルピニストからの絶大な信頼とセレブに人気 のラグジュアリーなダウンウェア


モンクレール(Moncler)アルピニストからの絶大な信頼とセレブに人気  のラグジュアリーなダウンウェア

スポンサーリンク

モンクレール(Moncler)の創業年月日、本社所在地、創業者

創業年月日

1952年(フランス南東部のグルノーブルにある都市、モネスティエ・ドゥ・クレルモン(Monestier de Clermont)で創業)

本社所在地

イタリア ミラノ

創業者

レネ・ラミヨン(Rene Ramillon)、アンドレ・バンサン(Andre Vincent)

モンクレール(Moncler)の名称の由来

フランス南東部のグルノーブル郊外にある都市、モネスティエ・ドゥ・クレルモン(Monestier de Clermont)で創業されたことから、その頭文字をとって名づけられました。

モンクレール(Moncler)の創業から沿革

専門的な技術を持って登山する登山家でも最高峰である、アルピニストの要望に応える商品を研究して生産していった結果、
1954年、イタリアのカラコラム登頂隊の装備
1955年、フランスのマカル登頂隊の装備
1964年、アメリカ合衆国のアラスカ登頂隊の装備
1968年、グルノーブルオリンピックのフランスナショナルチームの公式ウエアに採用
されました。

モンクレール(Moncler)アルピニストからの絶大な信頼とセレブに人気  のラグジュアリーなダウンウェア

モンクレール(Moncler)のヨーロッパでの認識

欧米の上流階級(セレブ)の支持を得ているファッション性に優れたプレミアムで高品質なダウンウェアのラグジュアリーブランド

ダウンウェアを生産したきっかけ

モンクレール(Moncler)は登山のためのテントやシュラフ=寝袋、ウェアなどの装備を生産する会社でしたが、工場で働くスタッフのために、防寒対策として、手足を出せるシュラフ=寝袋を作ったことにより、ダウンウェアの原型ができたそうです。

モンクレール(Moncler)の製品の特長

モンクレール(Moncler)のダウンウェアは、AFNOR(フランス規格協会)から、最高品質のブランドダウンであることを認める「4Flcorons(キャトル・フロコン=4つの羽)」マークが与えられています。

モンクレール(Moncler)では、全てのダウンウェアにこのキャトルフロコンが品質の証として表記されています。

このマークは厳しい審査基準をクリアしていないと取得することができません。体積当たりの密度や、断熱性、収穫したばかりのダウンでないといけないなど数々の審査基準があります。

ダウンウェアに使用するスモールフェザーは、扇風機の風をあてて、より遠くに飛んだ軽いスモールフェザーのみを集めたものを使用しています。
そのため、体積当たりの密度が高く、保温力に優れ、非常に軽くなっています。

ダウンウェアには、ホワイトグース(がちょう)の産毛だけを使用し、各部位に最適な重さが1gごとに決められており、職人の手によってひとつひとつ生産されていくため、大量生産ができない、とても貴重な製品となっています。

AFNOR(フランス規格協会)とはどんな機関?

1926年に設立されたフランスを代表する標準化機関で、略称でアフノールと呼ばれています。
フランスの国家規格であるNF(フランス国家規格)を制定していることで有名です。

モンクレール(Moncler)の製品のデザイン

・フロントジップポケット、そでのロゴワッペン、胸に吹き出し風デザインロゴ
・ダウンジャケットでありながら、身体のラインをキレイに見せてくれるデザイン
・カジュアルでもフォーマルでもさまざまなコーディネートに合うデザイン

日本でのモンクレール(Moncler)の販売

現地法人のモンクレールジャパンが輸入、販売しています。

製品は、直営店、大手百貨店、セレクト・ショップ等で購入することができます。

モンクレールジャパンによるモンクレール製品には正規品であることを証明するカスタマーカードが付いています。

並行輸入して販売しているショップも数多くありますが、並行輸入品にはカスタマーカードは付いていません。したがって、正規品である保証はない状態となります。

日本でのモンクレール(Moncler)に関するニュース

2005年に木村拓哉がNTTフレッツ光のCMに出演したときに着ていたのがモンクレール(Moncler)のダウンジャケットだったことから、日本での人気が急上昇しました。

おすすめ通販サイトをまとめた記事を書いていますので見てみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・モンクレール(Moncler)のダウンジャケットはアルピニストの要望に応え生産
・イタリア、フランス、アメリカの登頂隊の装備に使用される
・グルノーブルオリンピックのフランスナショナルチームの公式ウエアに採用
・ダウンウェアは、4Flcorons(キャトル・フロコン)マークを取得
・ダウンウェアはより軽いスモールフェザーのみを使用しており非常に軽い
・高級感のあるダウンウェアはセレブの人気も絶大
・日本の正規代理店店舗の製品にはカスタマーカードが付いている
・日本では木村拓哉がCMで着ていたことから人気が急上昇