ニューバランス(NEW BALANCE)世界初のリップルソール製のランニングシューズを発表したNのマークが有名なブランド


ニューバランス(NEW BALANCE)世界初のリップルソール製のランニングシューズを発表したNのマークが有名なブランド

スポンサーリンク

ニューバランス(NEW BALANCE)の創業年月日、本社所在地、創業者

創業年月日

1906

本社所在地

アメリカ合衆国 ボストン ブライトン

創業者

ウィリアム・J・ライリー(William J. Riley)

ニューバランス(NEW BALANCE)の創業から沿革

1906年、ウィリアム・J・ライリーにより「ニューバランスアーチサポート会社」として設立される

当初は足の裏をサポートするインソールにより靴のバランスと快適性を高めるための商品が製造されました。「ニューバランス」という言葉は、ライリーが彼の庭にいニワトリを観察し、ニワトリの足でアーチサポートが機能することを実証したといわれています。

1927年、ライリーによりアーサーホールがセールスマンとして雇われます

1934年、アーサーホールがライリーのビジネスパートナーとなります。

1956年、ホールは自分の娘エレノアとその夫のポールキッドにビジネスを譲りました。

1960年までに、世界で初めてのリップルソール製のランニングシューズ「トラックスター(Trackstar)を設計、製造しました。このシューズは様々なサイズ展開があり、YMCAによりすすめられました。

マサチューセッツ工科大学(MIT)やタフト大学、ボストン大学などでクロスカントリー向けにトラックスターが採用されました。これにより全米の大学や高校でも採用されるようになりました。

ニューバランス(NEW BALANCE) がジェームス・S・デービス(James S. Davis)により買収される

1972年、ジェームス・S・デービス(James S. Davis)により買収されます。この頃のニューバランスの従業員は6人で毎日30組の靴を製造し小売業者と通販により販売する小規模な会社でした。

1970年以降、急速な成長による製品ラインが拡大し、4000人の従業員による25億ドルの世界的規模の企業になりました。製造はアメリカやイギリスなので価格は高価なものが多いです。

ニューバランス(NEW BALANCE)世界初のリップルソール製のランニングシューズを発表したNのマークが有名なブランド

2013年、スケートボードシューズブランド「New Balance Numeric」を創立、プロスケートボーダーのジェイミー・トーマス(Jamie Thomas)とパートナーシップを締結しました。

2015年、サッカーチームへのビジネスを開始し、イギリスのサッカーチームのリバプールと年4000万円のスポンサー契約を締結します。

2000年以降、陸上選手やニュージーランドの陸上競技チーム、ナショナルバスケットボール協会(NBA)のアントニオスパーズのマットボナーと提携、南アフリカのクリケットチーム、イングランド&ウェールズ・クリケット・ボードとの契約を結びました。他にも自転車競技やラグビーリーグのチームにもスポンサーとして提供しています。

ニューバランスジャパン(New Balance Japan)の創業から沿革

1988年創立、設立前は月星化成(現在のムーンスター)が日本でのライセンス。販売を行っていました。

2018年、アシックスの社員だった、靴製作のプロフェッショナルである三村仁司さんが専属アドバイザーに就任しました。
三村氏主宰の「(ミムラボ)m LAB」にてランニングシューズなどの競技用シューズを製作しています。

スポンサーリンク

 まとめ

・ニュージーランド―バランスは当初アーチサポートのインナーソール製造会社だった。

・世界で初めてのリップルソール製のランニングシューズを発表

・従業員が6人だった会社がジェームス・S・デービスにより25億ドルの企業へと変わる

・陸上選手、NBA選手、クリケット、サッカーチームなどとスポンサー契約を締結しています。