プラダ(Prada S.p.A.)皮革製品や防水素材のバッグなどシンプルでスタイリッシュなデザインのブランド


プラダ(Prada S.p.A.)皮革製品や防水素材のバッグなどシンプルでスタイリッシュなデザインのブランド

スポンサーリンク

プラダ(Prada S.p.A.)の創業年月日、本社所在地、創業者

創業年月日

1913年

本社所在地

イタリア・ミラノ(Milan, Italy)

創業者

マリオ・プラダ (Mario Prada)
フラテッリ・プラダ(Fratelli Prada)の兄弟、その後、孫のミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)と夫のパトリッツィオ・ベルテッリが世界的ブランドへと拡大させます。

プラダ(Prada S.p.A.)のブランドライン

プラダ(Prada)レディース、メンズ
ミュウミュウ(MIU MIU)レディース

プラダ(Prada S.p.A.)皮革製品や防水素材のバッグなどシンプルでスタイリッシュなデザインのブランド

プラダ(Prada S.p.A.)の創業から沿革

1913年、イタリアのミラノで革製品店(Fratelli Prada)をプラダ兄弟が出店、世界中から質の高い皮を取り寄せて製品を生産、その質の良さが評判を呼び、イタリア王室御用達メーカーとなります。

1958年、創業者のマリオ・プラダが逝去したことで、ブランドイメージが低迷してしまいます。

1978年、マリオの孫娘である、ミウッチャ・プラダと夫のパトリッツィオ・ベルテッリ(Patrizio Bertelli)が後を継ぎ、現代的で伝統的なデザインとの融合により世界的なブームとなります。
元々、マリオプラダが旅行用かばんの素材に用いていた「ポコノ(Pocono)」製のバッグが開発され話題となります。


1985年に靴、1989年に婦人服、1994年に紳士服へブランドラインを拡大しました。

1993年には新しいブランド・ラインとしてミュウミュウ(MIU MIU)を立ち上げます。

1995年、Fondazione Prada(プラダ財団)と改称された美術プロジェクトを耐上げます。

1996年、プラダのロゴマークを逆三角形のプレートにして取り付けた、防水生地「ポコノ」を使用した製品がさまざまなデザインで発表され大人気となります。

2001年、アメリカ合衆国のニューヨーク州に店舗がオープンします。

2003年、日本の東京の銀座に日本初出店します。日本の東京の南青山に「エピ・センターストア」をオープンします。

2008年、LG電子とコラボレーションして、携帯電話「プラダ・フォン」を販売します。
アメリカ合衆国のサンフランシスコに売場面積が430㎡となる店舗をオープンします。

2009年、フランスのパリに売場面積が570㎡となる店舗をオープンします。

2010年、日本の愛知県の名古屋駅前に売場面積が920㎡となる店舗をオープンします。

2011年、日本の東京の銀座にミュウミュウの店舗をオープンします。

2012年、フランスのパリのイエナ宮で24時間ミュージアムを開催します。


アメリカ合衆国のニューヨーク州にあるメトロポリタン美術館で「スキャパレリとプラダ、不可能な対話」の展示を開催します。

ロンドン・オリンピックに出場する、イタリアのセーリングチームのユニフォームをデザインします。

イタリアのベネチアにある、カ・コルネール・デッラ・レジーナ(Ca Corner della Regina)でプラダ財団が展覧会「ザ・スモール・ユートピア. アース・マルティプリケイタ(The Small Utopia. Ars Multiplicata)」を開催します。

アラブ首長国連邦のドバイにある世界最大のショッピングモールであるエミレーツ・モールに店舗をオープンします。

2013年、日本の大阪に、売り場面積が1100㎡となる店舗をオープンします。

日本の兵庫県の神戸に、売り場面積が1000㎡となる店舗をオープンします。

日本の東京の銀座に初出店していた店舗を移転し、売場面積が991㎡となる店舗を再オープンします。

創業100周年となる2013年、イタリアのミラノの本店が入店していた歴史的建造物ガレリアを改造し販売店舗以外にレストランやアートスペース、映画館、書店、カフェなどがある、文化発信基地としてのプラダ本部をオープンします。

2015年にチャーチ表参道店をオープンします。2008年にイギリスの靴メーカーであるチャーチを買収していたことから出店されました。

プラダ(Prada S.p.A.)皮革製品や防水素材のバッグなどシンプルでスタイリッシュなデザインのブランド

プラダ(Prada S.p.A.)のヨットレースへの挑戦

1997年以降、アメリカズカップへの挑戦を開始、2000年大会では挑戦者決定戦=ルイ・ヴィトンカップで優勝しました。

2012年、自らもヨットのクルーとして参加していた、プラダのCEOのパトリッツィオ・ベルテッリがイタリア人として初めて殿堂入りします。

2021年大会からは、挑戦者シリーズである、ルイ・ヴィトンカップの冠スポンサーとなり、プラダ・カップと名称が変更されました。

▼プラダ(Prada S.p.A.)の古着はこちらから▼

▼おすすめ古着通販についてまとめました▼

スポンサーリンク

まとめ

・創業当時、製品の質の良さからイタリア王室御用達メーカーとなる

・創業者の孫娘とその夫がプラダを世界的ブランドに展開

・ブランドラインにMIUMIUがある

・防水素材のポコノ製でプラダの逆三角形のロゴ入りのバッグが人気となる

・CEOのパトリッツィオ・ベルテッリがアメリカズ・カップの殿堂入りしている

・2021年から挑戦者艇のレースがプラダ・カップとなる