古着を用いて作られるウエス (Waste) について。ウエスは新品とリサイクルウエスに分けられます。


古着を用いて作られるウエス (Waste) について。ウエスは新品とリサイクルウエスに分けられます。

スポンサーリンク

ウエス (Waste) とはなにか、言葉の由来は?

ウエスとは、英語でWaste(ウェイスト)のことで、英語の意味では廃棄物、くず、ぼろのことだったが、なまって、ウエスと呼ばれるようになりました。

元々は、一般的に、機械器具の清掃などに用いられた布切れのことで、古着や古い布を再利用して雑巾のように使用するもののことをいいます。

ウエス (Waste) のさまざまな使い方

一般家庭でも古着や古タオルが出た場合には、布を切って何枚か用意しておくといろいろな用途に使えるので便利です。

古布でも、靴下やストッキングはホコリがよく取れるので拭き掃除に向いていますが、ウールは毛羽立ちがあるので向いていません、また、フリースの生地は吸水性が悪いので水拭きではなく乾いた布として拭くときに向いています。

さらに、ジーンズのような硬い布は拭き掃除には向いていませんが、小さく切って小さな場所を拭く場合には充分です。

分別ゴミから流通しているウエス (Waste)の使われかた

分別ゴミから流通しているウエス (Waste)の使われかた

ゴミを分別して収集するのが徹底されている地域では、古着や古布として収集された分別ゴミの一部が、ウエスとして流通していることもあります。

この場合のウエスは機械を整備するために用いられています。布地を加工して製品にする場合に出る端切れもウエスとして使用されます。

独自に使われるウエス (Waste)、精密機械から汚物処理など

精密機器や光学機器を拭いたりみがく場合には、機器に問題が出ないように繊維のクズがでないパルプや不織布もあります。

掃除に使われる雑巾との違いは、ウエスの用途の広さがあります。

ものを拭くものや汚れを拭き取るもの全般に対して「ウエス」と呼ぶことから、掃除などで汚れを拭き取る用途の雑巾とは異なります。また、駅の汚物処理で使われるおがくずは「おがくずウエス」と呼ばれています。

ウエス (Waste) の種類:バージンウエス

ウエス (Waste) の種類:バージンウエス

・アパレル業界などで、布地から製品を作る場合に出る端切れを一定の大きさに裁断して使用するウエスや、はじめからコットンで糸をつむいで布を編むウエスもあります。

・コットンの原料に関しては中国からの輸入が多く、コットン100%ではなくレーヨンなどの他の素材が編みこまれているものが多いです。

・漂白してから吸水性をもたせるために洗浄して白くした日本人好みのウエスや、それらのコストがかかることから、漂白していない生成り色のウエスもあります。

・コットン100%のウエスにはメリヤス生地とスムース生地があります。

・天然パルプ繊維生地のペーパーウエスは1組が34枚に重ねられており、使い捨てとして作られています。脱色加工をした白いウエスと脱色加工していない茶色やクリーム色をしたウエスがあります。

・精密機器や光学機器用に作られたウエスは、薄手の紙ウエスの場合は紙の粉が出にくく毛羽立ちが少なく、静電気の発生もないので、精密機器や光学機器だけでなく、電子機器、実験用ガラス器具の拭き取りに使われます。マイクロファイバー(超極細繊維)で織り上げたウエスは繊細な作業に適しています。

・吸水力が高いウエスは、新品よりは中古品の方が一度使用されているので、生地がやわらかくなっており水分や油分を吸い取りやすいです。

・紙おむつや衛生用品などで作られた不織布を有効活用したウエスもあります。素材はコットンやレーヨン、テンセルやポリプロピレンなどの化学繊維、それらを合わせたものがあります。

ウエス (Waste) の種類:リサイクルウエス

中古のものを再生した布地を使用して作られたウエスで、新品の端切れを縫い合わせたものなどもあります。

・平織りの生地:薄く細かい作業に適している生地で、浴衣やガウン、枕カバー、シーツなどを洗浄、殺菌、消毒して原料としています。

・タオル生地:吸水性に優れ大量の水分の拭き取りに適しているタオルを洗浄、殺菌、消毒して原料とします。

・スウエット生地:スウエットを洗浄、殺菌、消毒して原料とします。

・メリヤス生地:伸縮性がありやわらかい生地で、バージンメリヤスの中古の物を洗浄、殺菌、消毒して原料とします。

再生紙を用いて作られたウエス

・再生紙を利用したウエスは34枚を重ねたものが1シートになります。

リサイクルウエス(Waste)での原料にする場合の必要な過程

中古の物を再利用することから、金属探知機での検診や、洗浄、殺菌、消毒は必要な過程となります。

スポンサーリンク

まとめ

・ウエスは英語のWaste(ウェイスト)からきている

・自宅で古着や古タオルを捨てないでウエスにすると便利

・分別ゴミでの古着や古布がウエスになる地域もある

・布地を製品にする際に出る端切れがウエスになる

・糸をつむいではじめからウエスとして作られているものはバージンウエス

・新品より中古品の方が生地がやわらかくて水分や油分を吸い取りやすいです

・中古のものを洗浄、殺菌、消毒して原料とするものはリサイクルウエス